エリミネイト・プロジェクト

妊産婦・新生児破傷風(MNT)を撲滅するため、国際キワニスはユニセフと共同でエリミネイト(ELIMINATE)・プロジェクトを実施しています。この死に至る病気は、毎年、6万人もの罪の無い赤ちゃんとかなりの数の女性の命を奪っています。

MNTを2015年までに地球上から撲滅するには、1憶2,900万人の母親と彼女達が将来出産する赤ちゃん達に予防接種を打つ必要があります。この予防接種にはワクチンや注射器、安全な保管方法や輸送手段、何千人ものスキルを持ったスタッフなどが必要です。また、1憶1,000万米ドルの費用がかかるほか、ユニセフと全てのキワニス・ファミリーの会員の献身的な活動が必要なのです。

キワニスはユニセフと共同でヨウ素(ヨード)欠乏症に立ち向かい、その成果は20世紀における最も重要な公衆衛生上の成功の一つとなりました。現在、キワニスとユニセフは、地球上からMNTを撲滅すべく活動を行っています。また、プロジェクトは、その活動の中で、最も貧しく、社会から無視された母親や赤ちゃんに対し、命を救う医療ケアを追加的に行う予定です。 この一つの病気の終わりは、多くの家庭がより健康になることの始まりを意味します。

更新

  • Saving lives tops Malaysia club’s priorities

    命を救うことがマレーシア・クラブのトップ・プライオリティです。

    マレーシアはクアラルンプールにあるパンタイ・キワニスクラブが、近年、エリート・グループであるダイヤモンド・クラブの仲間入りを果たしました。ダイヤモンド・クラブというのは、妊産婦・新生児破傷風(MNT)から命を救うために5年間会員1人当たり2,500米ドルの資金を調達する誓約をしたクラブのことです。 

    アジア太平洋副委員長であり、クアラルンプールのパンタイ・キワニスクラブの会員であるアデリン・チェンによると、クラブ会員は命を救うことが会員の優先事項だと強く信じているそうです。それだからこそ、彼女のクラブは、クラブのステータスをモデル・クラブからダイヤモンド・クラブへのレベルをアップを決定しました。 

    「私達が貢献することによって影響を受ける命の数を数えると、心が温まります。」と、アデリンは言います。「貢献してくれたクラブ会員の皆さんを表彰し、私達の感謝の気持ちを示しています。」

    クアラルンプール・パンタイ・クラブをさらにご紹介します。アデリンのクラブがキワニスの子ども達のための世界キャンペーンを支援する理由と世界のクラブへのアドバイスを、アデリンが共有してくれます。...

    Full story