Mother's Day

母の日/国際女性デー・フェローシップで特別な女性を称えましょう

母の愛を変化の推進力に。エリミネイト・プロジェクト(妊産婦・新生児破傷風を撲滅するキワニスの活動)に寄付して、母の日ツェラー・フェローになろう。あなたのお母さん、またはあなたが影響を受けた女性の名前で、寄付することができます。

ツェラー・フェローシップ・プログラムを通して、エリミネイト・プロジェクトに1,250米ドルの寄付をすると、690人以上の命を妊産婦・新生児破傷風から守り救うことができます。母の日ツェラー・フェローシップをご利用いただくと、あなたの人生で重要な女性の存在を称えると同時に、破傷風の脅威にさらされた母親と子供たちを守れるのです。




3月1日から6月15日までの間に1,250米ドルをご寄付いただくと、もれなく以下の品をご進呈いたします。

  • ツェラー・フェローシップ・メダル
  • 期間限定母の日襟章 
  • お名前入りの賞状

あなたが称えたい女性の名前で寄付を行うと、その方には上記の賞品が贈られます。また、寄付がその方の名前で行われたことをお知らせするカードが送られます。

その他の寄付オプション:

インパクト350: 625米ドル-999米ドル
受賞者にはインパクト350 の襟章と母の日ポストカードをお届けします。

インパクト175: 300米ドル-624米ドル
受賞者にはインパクト175の襟章と母の日ポストカードをお届けします。

その他: 299米ドル以下
受賞者には母の日ポストカードをお届けします。

特別な人から受けた影響に対して感謝の気持ちを伝えるのにこれほどの方法、タイミングがあるでしょうか?世界36カ国以上で、何百万人もの母親と赤ちゃんの絆を守って、あなたの人生で特別な女性を称えませんか。


寄付はキワニスのオンライン寄付フォーム(online donation form)で、今すぐにでも行うことができます。



ある母の物語

マウミーの物語


西アフリカのシエラレオネ共和国に住むマウミーは、これまでに3人の子供の死に苦しんできました。現在彼女にはジェームズという男の赤ちゃんがいます。この子も生まれてすぐに破傷風の兆候を見せましたが、この病気を患うことはありませんでした。

シエラレオネ共和国は、妊産婦・新生児破傷風という問題を抱える国々で何が可能かを示す見本になっています。継続中の保健事業と教育のお陰で、シエラレオネ共和国はMNT撲滅を目前に控えています。

事実、マウミーとジェームズこそがエリミネイト・プロジェクトによって希望をもたらすことができる母親と赤ちゃんの一例と言えます。世界で最も貧しい僻地では、家族は破傷風のように激痛を伴う死の病を防ぐサービスや知識のない状態で生活しています。

エリミネイト・プロジェクトに寄付をすると、そのような家族に手を差し伸べることができます。1億1千万米ドルの収益を目指すこのキャンペーンは、6100万人以上の女性に対する予防接種と、家族や地域を対象とする安全な出産の実践に向けた教育を提供します。そしてその影響を新しい世代、未来の世代に渡していくのです

これこそが私たちにふさわしい絆といえるのではないでしょうか。 これこそ私たちが守らなければならない「絆」なのです。エリミネイト・プロジェクトのお陰で、世界中の女性たちが子を失うという至上の悲しみを味あわずに済みます。その代わり娘や息子の笑顔や笑い声を慈しみ、無類の母の喜びを味わうことができるようになるのです。

この物語の続きを読む | コメントを見る