UNICEF +新生児破傷風

ユニセフとそのパートナーは、教育や支援活動、集団予防接種を通じて、世界中の妊産婦・新生児破傷風(MNT)と戦ってきました。ユニセフは馬や徒歩など、あらゆる必要な手段を使って、最も辺鄙な地域に破傷風ワクチンを配布しているほか、伝統的出産法を用いる助産師に対して、安全な出産介助方法に関する訓練や安全な出産介助キットの配布を行ってきました。 ユニセフはまた、MNTへの流れを断ち切るため、周産期ケアやその他の幅広い妊産婦や新生児への医療サービスに支援を行ってきました。

ユニセフとそのパートナーは、1999年から50カ国で9,000万人の女性に対して2回以上ワクチン接種を行い、41カ国で破傷風を撲滅しました。最近、MNTの撲滅が確認された国は、トルコ、ブルンジ、コンゴ民主共和国です。しかし、MNTは18カ国で未だに命に関わる脅威となっています。

ユニセフのMNTに対する取り組みの詳細については、以下のサイトをご覧ください: http://www.unicef.org/health/index_43509.html